米子市K・N様邸~130㎜外断熱施工~

こんにちわ(*´ω`*)

 

7月もスタートしましたねぇ~

お子さんがおられるご家庭は

夏休みが来ますねぇ~

 

我が家も小学生・中学生・高校生と

居ますが夏休み・・・

きっちり決め事しておかないと

家の中散々な事になってしまいます(。-∀-)ヤバ

 

夏休みだけなく何か『おうちルール』

ありますか?

 

 

さてさて内部の仕上げ塗りまで来た

K・N様邸です。

 

 

 

T-G3を完成予定のK・N様です。

外壁の断熱材も130㎜の発砲を使用しています。

 

 

先ずは面材が張られると

ジョイント部分にテープを張ります。

基礎と面材の間の隙間にコーキングをうち

少しの水漏れのすきも与えないよう施工します。

 

 

 

 

その後上の写真にも写っています黄色い塗料。

『防水塗料』を塗ります。

 

 

 

イエローハウスの完成です!!

 

 

130㎜の外断熱材を使用する時は

この防水塗料を塗るので

一時的にイエローハウスになるんですが

結構インパクトがありますよね(* ´艸`)

 

 

ここから130㎜の発砲を張っていきます!!

 

 

 

棟に向かうにつれ勾配(こうばい)がついているので

屋根勾配に合わせてカットしながら

張り付けていきます。

 

 

私の写真を撮る角度が悪く見えにくいですが

足場のラインで黄色い断熱材が横ラインで入っています。

 

これは断熱材『ロックウール』です。

耐火温度が高く、あってはいけませんが

火災が起きた時に燃え広がらないようにする為

間にかませています。

 

大山町の現場でもお伝えさせて頂きました

『ファイヤーストップ』です。

 

 

 

ただ単に発泡を張り付けているわけではなく

全て断熱作業なので外部であろうが

内部であろうが、隙間なく施工していきます。

 

 

断熱材が張れた面から

外壁の強度を高くするため

モルタルでメッシュ張りの作業に入ります。

 

メッシュ張りの施工の前には

サッシ周りに下地コーキングをします。

 

 

これまでに4棟ほど

サッシ周りのコーキング(もちろん下地です。)

をさせて頂いていますが

 

 

 

難しい・・・・です(=_=)

 

 

下地で仕上げはベテランのコーキング屋さんが

してくれるとは言え

私もやるからには綺麗な仕上げにしたいと思い

作業に入らせて頂いていますが

ん~・・・・・難しい。

 

仕事が休みの日にコーキング屋さんに修行に

行こうかと考えるくらいです。

 

ちなみに大工さんや左官さんにも修行を

申し込みたいと思ってるくらいです。笑

 

一つでも、自分にできる事を増やした~い!!

 

『ビシビシ指導してやるから修行にこいやー!!』

とプロレスラー高田延彦バリに

気合の入った方おられたら紹介してください((´∀`*))笑

 

 

ちなみに掃き出し窓の下は

DAIGO風に言うと

MYM『難しい・やりにくい・見にくい』の

三拍子だったので、社長が自ら作業してくれました。

 

 

 

サッシ周りは結構重要ポイント

サッシの周りから内部の材木が腐っていくと

教えてもらいました。

 

 

ここまで自分でやる社長っていないですよね。

 

養生の為マスキングテープは橋根がしたんですが

覗き込むか、腹ばいにならないと

確認できないほどの幅だったのでコーキング作業も

大変だったと思います。

;つД`){{{シャチョサン、アリガト。

↑なんでカタコト???笑

 

 

 

K・N様には本当に

沢山お時間をいただいています。

カタコトでしゃべってないで

どんどん作業を進めさせていただきます。

 

鳥取県健康省エネ住宅性能基準

T-G3レベル

優れた快適性能を有する『最高レベル』な住宅を

完成予定です。

 

K・N様にご満足して頂けるよう

頑張ります(^O^)/

 

 

話が脱線してばかりのBlogでしたが

最後まで読んでくださり

ありがとうございました(*´▽`*)

 

~130㎜外断熱作業動画~

 

=========*=====

高性能・高断熱・高気密・高耐震

住いの性能の事なら

エム・アール・ホームにお任せ下さい

☏➤➤➤0859-21-7510

=====*=========