米子市現場~基礎鉄筋増やしちゃった~

\(^o^)/{{{こんにちわ

 

少し前から天気予報に雪マークの出てきた米子市です。

チラチラと雪が降る日も出てきましたね((+_+))ブルブル

タイヤの交換はお済ですか?

車の運転は気を付けましょうね~

 

 

 

米子市のK.N様邸のお話です。

先日建前が無事に執り行われました。

 

 

が!!!

その前にエム・アール・ホームの

こだわりの一つ

記事にさせて頂きたいと思います!!!

 

 

基礎土台にシートを張り

その後鉄筋屋さんに鉄筋を組んでもらうのですが

今回は基礎の立ち上がり部分全ての鉄筋

1本増やしました。

 

【今回】

【以前】

 

たくさん鉄筋が組んであるので

見にくいですが

基礎断熱の張ってある所を

見て頂けると分かりやすいかと・・・

 

 

横に1本増えているのが分かりますか?

 

外周・立ち上がり箇所すべて

増やすことで

基礎の強度を強くします。

 

鉄筋が組まれたら

立ち上がりの型枠をして

アンカーボルトを固定していきました。

 

※アンカーボルトは土台の木を固定するために

コンクリートに埋め込むボルトの事です。

 

アンカーボルトもエム・アール・ホームでは

さびにくい物を使用しています。

 

 

気付けばあたりは真っ暗Σ(゚Д゚)

 

 

一つ一つボルトをさす箇所を

確認しながら固定していきます。

 

 

 

翌日も朝からK・N様邸へ行き

固定したボルトの高さの確認作業を行います。

 

 

 

 

タコさん登場\(^o^)/笑

 

 

この機械(レベル)で

ボルトの高さを確認していきます。

 

こうして完成したら

基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流していきます。

 

 

基礎立ち上がり部分ににコンクリートを流す日

現場へ行くことが出来ず

作業の様子が撮れませんでした;つД`)ゴメンナサイ

 

 

基礎土台が完成した後

現場へ行くとしっかりコンクリートは流され

基礎と土台の間に

基礎パッキンもしっかり敷いてありました。

 

 

 

基礎パッキンは

基礎のコンクリートと土台の木の間に

隙間を作るために敷きます。

隙間をつくる事によって

通気性がよくなり、湿気から土台を守ります。

 

 

こうして建前までの準備が出来ました(*´ω`*)

今日はエム・アール・ホームこだわりの

鉄筋のお話と基礎パッキンのお話でした。

 

建前当日のお話はまた次回・・・

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました(*^-^*)

 

 

=======*=======

高断熱住宅・高耐震住宅・高気密住宅

住まいの性能の事なら

エム・アール・ホームにお任せ下さい

0859-21-7510

=======*=======