大山町現場~漆喰の準備万端~

ヽ(^o^)丿{{おはようございます

 

久しぶりの更新になります。

 

K様邸の現場もいよいよ

追い込みがかかっている今日この頃です(*´ω`*)

 

 

前回更新させていただきました作業

モルタル→メッシュ→モルタル

の作業が終わったら外壁を一度少し削ります

 

仕上げ塗りをする際にボコボコならないようにするため

削りすぎないよう、メッシュを破らないよう

気を付けながら、削ります!!

 

 

その後プライマー作業をして・・・

こんな感じで外壁全面をコロコロします。

 

↓動画を撮影してみました(´艸`*)

プライマー作業動画

 

仕上げ材が綺麗に付くようにボンド的役割です。

 

 

プライマーも終わり、外壁の角を先に仕上げ

 

やっと外壁面の仕上げ塗りがスタートできます。

 

 

仕上げ塗りをするまでに沢山の準備が必要で

時間がかかりますが

仕上の塗りは違い、面ごとに一気に

仕上げてしまわなくてはいけないので

天気とにらめっこしながら、仕上げ塗りの作業に入ります。

 

こんな感じで赤枠の中、角から角まで

一気に仕上げます!!!

 

 

 

 

今週の月曜日現場へ行ってみると

仕上げ塗りがされていました(≧▽≦)

 

 

 

天気が悪かったり、外が暗くなると

室内の作業に移ります。

 

大工さんがボードを張ってくれた部屋から

 

ジョイント(つなぎ目箇所)から

気密テープを張り

テープの箇所にパテ作業をします。

 

※パテ…仕上げの漆喰を塗る際テープを張った部分と張っていないボード部分と段差ができます。ビスを打った箇所も少し凹みが出来ている箇所もあるのでその段差をなくすためにする作業です。仕上がった際に凹んだりしないように綺麗にするための大切な作業です

 

パテにも『下塗り』と『仕上げ』があり

これは下塗りです

 

下塗りが終わるとパテの仕上げ塗りをします。

 

漆喰を塗る際ボコボコガタガタがないように

パテの仕上げ塗りができた箇所を少し削ります。

 

その後、外の作業と同様に

プライマー作業をし

ここまで準備ができて

やっと仕上げの漆喰塗りがスタートできます(*´▽`*)

 

仕上げ塗りが楽しみです(´艸`*)ウキウキ

 

 

若くてなんでも飲み込みの早いまさゆき君。

その能力橋根に半分分けていただきたい(-_-)笑

 

 

久しぶりの更新でしたが

最後まで読んでいただき

ありがとうございました(*´ω`*)

 

 

 

**************************

高断熱住宅・高気密住宅・高耐震住宅

お住まいのご相談はエム・アール・ホームに

お任せ下さい。

℡➤0859-21-7510

WEBからのご相談ご予約も可能になりました。

ご連絡お待ちしております

**************************