大山町現場~アンカーボルト~

こんにちわヾ(≧▽≦)ノ

 

ヾ(≧▽≦)ノ←こんな顔できるような

天気ではないですが・・・

 

米子市も結構雨が降っていますね・・・

個人的な事ですが

橋根の長男、今日から修学旅行です。

とは言っても予定とは変更されました。

 

今日は県内の企業様にお邪魔して

企業見学に行っています。

 

宿泊先は県内の旅館です。

 

コロナで予定変更はありますが

中学校生活の思い出です。

楽しんできてもらいたいですね(*´ω`*)親心。

 

 

 

 

大山町K様邸の現場です。

 

基礎工事が終わって

基礎立ち上がり部分に枠が付けられました。

 

 

枠が付いたので

先週立ち上がり部分にコンクリートを流して

アンカーボルトをさす作業をしました(*´ω`*)

 

 

こんな感じでコンクリートが枠の中に入っているのが

お分かりいただけるでしょうか?

 

 

こうやって基礎屋さんが少しづつ

コンクリートを入れて行きます!!

 

その後にコンクリートが

固まってしまわないうちに

アンカーボルトをさします。

 

 

 

 

適当にさしているわけではなく

こうしてきちんと

「柱から~」・・・ときちんと測りながら

さしていきました。

 

 

橋根も社長に言われた所に

ボルトをさすお手伝いをさせて頂きました(*´ω`*)

 

ちなみにこのボルト

さびにくい物を使っています。

 

コンクリートも強度の高い物を使用しています。

 

一般的に住宅づくりで使用されている

コンクリートの強度は21N/m㎡です。

 

 

ですが、コンクリートの計画共用期間

※計画共用期間とは、コンクリートに重大な劣化を生じない期間を言います。

「耐用年数」とも言います。

 

計画共用期間に“級”(レベルがあり)

「短期」「標準」「長期」「超長期」があります。

短期 ⇒ 18 N/m㎡ ⇒ 30年

標準 ⇒ 24 N/m㎡ ⇒ 50年

長期 ⇒ 30 N/m㎡ ⇒ 100年

超長期 ⇒ 36 N/m㎡ ⇒ 200年

 

とされています。

 

という事は・・・

標準の『21N/m㎡』だと

30年以上50年未満しか持たないという事になります。

 

エム・アール・ホームでは

コンクリート強度『27N/m㎡』を使用しています。

計画共用期間80年は大丈夫な数値です。

 

 

 

 

100歳まで生きる時代と言われています。

今だけでなくこの先も

安心して暮らせるよう基礎工事から

重要視してみませんか?

 

 

 

 

さした後はきちんと、一本一本高さの確認をします。

 

 

 

社長の視線の先には・・・

 

 

この機械があります。

 

 

※以前『タコさん』みたいな機械

っと言っていた機械です((´∀`))ケラケラ

 

高さを確認できる優れた機械です!!

 

 

 

 

こういった作業を

基礎屋さんに頼まれる業者さんもおられますが

エム・アール・ホームでは、弊社で行っています!!!

 

 

 

暑い中お疲れ様でした(*´ω`*)

 

 

休憩中にこんなもの発見!!!

 

 

基礎屋さんのお母さんが

即席で作ったコテです。

 

コンクリートをならすのに使います。

 

基礎屋さんのお母さん

めちゃくちゃパワフルな母ちゃんです!!!

 

ダンプで登場した日なんて

憧れの目で見てしまう橋根でした(* ´艸`)

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました(^_-)-☆