日吉津現場~130㎜の断熱材~

こんにちわ(´ω`)!!

 

雨だったり、太陽さん出てきたりと

最近は忙しい天気ですね(;´Д`)

 

 

そんな中、日吉津の現場も

外をしたり中の作業をしたりと

少しづつ進んでおります。

 

 

前回『防水塗料』を塗りました。

と記事にさせて頂きました。

 

 

 

塗料を塗った所から

サッシの周りに防水気密テープ

張っていきました。

 

 

社長と大工さんの指示のもと

橋根も張っていきました。

 

 

・・・・が、Σ(゚Д゚)!!!

 

粘着力がすごいんです!!!

 

手に付いたベタベタ

ずっとはぐれないんです(;´Д`)

 

「そんだけ粘着力があるんだ」

思いながら張りました(* ´艸`)クスクス

 

 

この作業が終わったらいよいよ

塗料が完全に乾いたところから

130㎜の外断熱材を張っていきます。

 

 

大工さんが発砲の位置を確認し

 

 

航平君が特殊なボンド・・・接着剤

発砲に塗っていきます。

 

 

異業種コラボです!!

 

 

基礎の部分やサッシ周りなど

そのまま発泡を使えない所は

社長が用意した、これまた特殊な機械

切っていきます。

 

 

発砲が130㎜あるので

電動ノコでは刃の幅が足りない為

この機械を使います。

 

 

細い糸・・・線・・・のような物が付いていて

スイッチONすると

その糸が温かくなり、その熱で

発砲が切られています。

 

動画でその様子を撮ったので

ご覧ください(*^-^*)

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

断熱材カット動画

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

綺麗に斜めに切れているのが

ご覧いただけたでしょうか?

 

 

場所によっては

こんな感じで手ノコとこの機械を使って

切ったりもします。

 

 

こんな感じでカットしたものを

航平君が塗り、大工さんが外壁へ

張っていきました。

 

 

 

 

 

少しわかりにくいですが

断熱材の間に横のライン黄色い断熱材

入っているのが見えますか?

 

これは『ロックウール』と言う断熱材です。

 

なぜ、ココにロックウールを入れたかと言うと

『ファイヤーストップ』

起きてはいけませんが

火事が起きた際に燃え広がらないようにするために入れています。

 

ロックウールは800度まで

耐える事が出来ます。

燃え広がる前に、逃げる時間を

確保する為にも大事な断熱材です。

 

 

 

話が戻りますが

今回130㎜の発砲を使っているので

窓も外壁より中に入っています。

 

※ちなみにですが海外の住宅は

このサッシがが外壁より中に入っているのが主流だと

社長が言っていました。

 

 

 

水切も・・・

 

 

こんなに幅の広い物を使います。

 

外壁の方がサッシより出るので

水切りも幅が必要になってきます。

 

水切りの下もしっかり断熱材を張っています。

 

 

 

天気予報とにらめっこしながら

時間と手間をかけ、少しづつですが

外壁の断熱材の作業が進んでいます(*´ω`*)

 

 

 

 

今回の施工は初めてする

施工なので、毎回スムーズに

進んでいるわけではありません。

 

思いもよらない出来事も

起きたりしますが

その都度、社長は調べ

なぜ、そうなるのか考えます。

 

 

やった事ない事をするのは

本当にやってみなきゃわからないと思います。

 

でも、そこを逃げづに

何でそうなるのか考える社長は

本当に凄いな!!と思います。

 

 

まだまだ作業は続きます。

社長も航平君も大工さんも頑張れ~!

 

 

 

高断熱・高気密・高耐震

大切な人と暮らす安心な住まいづくりの

ご相談はエム・アール・ホームへ

お任せ下さい。

どこよりも快適に暮らして頂ける

お住まいをご提案させていただきます。

 

☏ 0859-21-7510

 

 

今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございましたヾ(≧▽≦)ノ