山陰クリエートへ社会科見学

おはようございます(*´ω`*)

 

先週私の勝手な都合で連休を頂いていました。

昨日は5日ぶりの出勤でした(゚Д゚;)!!

休みすぎ!!!

 

 

久しぶりすぎて何からしていいのか・・・笑

 

 

 

現場に行くたびに沢山の

写真を撮るので

見ながら思い出しました!!

連休前の火曜日に

橋根、社会科見学に行ってきましたヽ(^o^)丿

 

 

 

米子市和田町にある

『山陰クリエート』にリサイクルの

勉強をしにお邪魔しました。

 

 

 

とっても大きい会社で

沢山の建物(部署)があって

とっても広かったです。

 

 

会社を案内してくれる三村さんと一緒に

早速見学スタート♪♪♪

 

 

と!その前にリサイクルの流れを先に

ご説明したいと思います。

 

 

①企業や個人のゴミがトラックで運ばれてきます。

②分別の部署でゴミを分別

③分別されたゴミは各リサイクルされる

部署に持っていかれます

(今回はリサイクルによって2つの新しい物に完成する過程を見学させていただきました)

④加工されリサイクル品に生まれ変わり完成です。

 

 

先ずは①の部署からです。

私がいった時間は大きな木はありませんでしたが

私たちが家の解体などで出す

大きな木(柱など)は山陰クリエートではリサイクルできないので

別のリサイクルセンターへ持っていきます。

 

小さな木や木くずなどは山陰クリエートで

リサイクルできるので

別のリサイクルセンターへ持って木と

山陰クリエートでリサイクルに使う木と

分ける作業をします。

 

 

 

木だけでなく、紙やプラスチックなども

最初の部署には入ってくるそうで

そういったゴミもすぐ横にある

建物の中に運ばれ分別します。

 

 

紙や家具などの木、プラスチック・・・

 

プラスチックでもリサイクルに使えるもの

使えないものと手作業で分けていきます。

 

 

 

 

分別としては

【エコマウッド】という新しい商品にリサイクルされるゴミ

(ペットボトルキャップ・車のバンパー・梱包材・100均のカゴなど)

【固形燃料】にリサイクルされるゴミ

(木くず・紙・繊維くず・ほん畳など)

 

に、分けられます。

 

 

今回はこの2つのリサイクルの過程を

見学させていただきましたが

本来はもっと細かく分別されています。

汚れの酷い物や油汚れがひどい物

家庭からの生ごみなど細かく分けられています。

 

 

そしてこの分別されたゴミは

次の部署に行きリサイクル品の原料となります。

 

 

次の部署は『エコマウッド』と言う

商品を造っている部署で

企業秘密という事で写真撮影がNGだったので

写真が撮れませんでしたが

「リサイクルって・・・凄ッ!!!」

と思うくらい高性能な機械があり

あっという間に新しい商品を生み出していました。

 

 

それがコレです。

 

 

 

ナニコレ・・・・???

って感じですよね。

 

 

フォークリフトを使う際に使われる

『物流用パレット』

 

だったり

『花壇』だったりに使われています。

 

 

 

一番驚いたのはコレです!!

 

凄くないですか(*”▽”)?

 

ペットボトルキャップ・車のバンパー

はたまた、100均のカゴが

テーブル・イス・灰皿に生まれ変わったんです!!

他にも町内のゴミ捨て場のゴミ箱など・・・

 

 

 

 

この『エコマウッド』という商品ですが

木目調で見た目は木みたいなんですが

複合樹脂でなので

ウッドデッキなどに使っても

腐ったり・メンテナンスが必要なかったりします。

 

最初の部署の

この『エコマウッド』で出来ていると

教えていただきました。

 

 

 

 

写真はないですが

原料を(キャップ・バンパーなど)を

200°で溶かし用途に合わせて成形冷やし固める

と言った流れで完成します。

 

 

 

最後にお邪魔した部署は

『固形燃料』を造っている部署です。

 

 

この集められたゴミを

重機を使い破砕機に入れ砕く・・・?

細かくしていきます。

 

 

右の青い機械が破砕機です。

 

 

この機械で破砕された

ゴミたちは次の機械の中にため込まれていきます。

 

 

 

 

わかりますか?

破砕されたゴミが

ため込まれているのが!!

 

 

 

このため込んだゴミを

圧縮・固化され成形されます。

 

 

少しですが動画も撮らせてもいました。

 

成形された流れるゴミたち

 

 

 

こうして工場などの

ボイラー燃料に生まれ変わりました。

 

 

 

「ゴミゴミ」と言っていましたが

こうして新しいものに

リサイクルされ生まれ変わって

別の商品になる。

 

 

エコマウッドで出来た

花壇やテーブル・イスなど見て

リサイクルされたもので出来たと

思えますか??

 

 

ペットボトルキャップから出来てる

って、想像できますか?

 

無知な私には想像が出来ませんでした。

 

新しい物がどんどん出てくる世の中です。

逆に言えば不要な物もどんどん出てきます。

 

大切にしていても

壊れたり、使えなくなったりと

新しい物に買い替える時が来ると思います。

 

 

そんな時

「リサイクルできるものではないか・・・」

と少しだけ考えたら、ゴミも少しは減るのかな・・・

と思いました。

 

 

橋根も断捨離好き!!

な~んて言っていましたが

もう一度、買う時・捨てる時

考えなきゃな~と思いました。

 

 

 

そもそも何でリサイクセンターへ

見学に行ったかと言うと

エム・アール・ホームでも

エコリサイクルについて考えていて

今回社長の自宅を解体した時に

どんな流れで

リサイクルされているのかと言う所から

解体作業をお願いしていた

山陰クリエートさんにご協力をいただき

見学させていただく事になりました。

 

 

未来を生きていく子供たちに

少しでもいい環境を残してあげたい。

 

エム・アール・ホームの住宅造りもです。

 

少しでも自然のエネルギーを使って

健康に生活を送って頂きたい。

高性能な住宅で快適に暮らして頂きたい。

 

そんな思いで住宅造りをしています。

 

リサイクルエコ活動から

話がそれてるように感じているかもしれませんが

全ては未来の子供たち・・・

私たちの子供たちの為です。

 

 

橋根もリサイクルに関心が

なかったわけではありませんが

長生きできる今の時代。

私にもできるリサイクル活動・エコ活動

していかなきゃな・・・と思いました。

 

 

次、断捨離するときは

リサイクル意識してしよ~(* ´艸`)クスクス

 

 

 

最後まで橋根の社会科見学の

報告レポート的なブログを読んでくださり

ありがとうございました<m(__)m>

 

 

 

高断熱・高気密・高性能住宅・エコ住宅

快適な住まいづくりはエム・アール・ホームへ

℡ 0859-21-7510