2種類の防水シート

こんにちわ(´艸`*)橋根です

 

 

毎日いい天気ですね(*^-^*)

ジリジリきますが

皆さんしっかり水分摂っていますか?

 

同業者の方も含め

皆さん、熱中症には気を付けましょうね!!

 

 

 

 

さてさて、無事上棟式の終わった

I様邸のお話をしたいと思います。

 

 

耐力面材を張り

窓枠を大工さんに取り付けてもらいました。

 

 

 

 

 

 

これは家の中の作業になりますが

断熱材を入れた後に

家の中の窓枠も大工さんに付けてもらうのですが

全て自社で手造りさせていただいております。

 

窓の幅を測り、木を切り、削り、磨き、クリアを塗って

大工さんに取り付けてもらいます。

 

 

 

 

 

 

防水シートのお話に戻ります(^^)/

 

 

 

 

面材のつなぎ目に全て

防水テープを張っていきます。

 

 

これは上から下まで全てのつなぎ目に張っていきます。

隙間から水が入らないように念には念を

防水用のテープで張っていきます。

 

 

湿気にかかわることは

全て対策していきます!!!

 

 

 

その上から防水シートを張っていきました。

 

 

 

 

社長と航平君がしっかり張ってくれています。

 

 

 

 

今回は2つの防水シートを使いました。

 

 

一つは黒い防水シート

 

 

もう一つは

水色の防水シートです。

 

 

 

お互いそれぞれ特徴があり

黒い防水シートは

紫外線に強いという特徴があります。

なので今回は

太陽が良く当たる面には

この黒い防水シートを

 

 

 

北側に当たる面は

日の光より、湿気対策重視した方がいいので

湿気に強い防水シートを張りました。

この水色の防水シートは

外からの湿気は入らせず

中からの湿気は出す。

 

と言う、すごく賢い防水シートです。

 

 

屋根の下(下屋した)まで

キッチリ張っていきます。

 

 

 

 

防水シートのつなぎ目の部分にも

上から下まで防水テープを張っていきます。

 

 

 

 

しっかり換気扇周りにも!!!

 

 

 

防水シートを外壁全体に張り終わったら

次に外断熱材を張っていきます。

 

 

断熱材のお話はまた次回

お話しします(・´з`・)♪

 

 

今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました(^_-)-☆

 

 

Instagram

よろしくお願いします。

橋根でした(*’ω’*)