日吉津現場~内側断熱W~

こんにちわ(*´ω`*)

 

 

ずっと島根県安来市

 

リフォームの現場のお手伝いをさせて頂いてたり

以前ご紹介させていただいた

130㎜外壁発泡

 

 

また届いたので、その片付けをしていたので

久しぶりの更新になりました。

 

 

 

 

日吉津の現場、エム・アール・ホーム社長のご自宅の

作業も少しづつですが進んでいて

内断熱のセルロースファーバーからの

グラスウールのある意味

内側ダブル断熱がされていますΣ(゚Д゚)

 

 

セルロースファイバーからの~

グラスウール

 

 

大工さんがグラスウールがピッタリ!!入る幅に

のじを打っていき

 

航平君、大工さんがグラスウールを

施工していきました。

 

隙間が空いていたら意味がないので

断熱材、グラスウールも長ければ

測って、切って施工します。

 

 

橋根の勉強不足もあり

セルロースファイバーのみとグラスウールのみ

今回の様にダブルで行った場合の

室内の温度や湿度がどのくらい違うのか

分からないので

ただ、「暖かいです!」の一言で終わらせたくないので

またしっかり勉強して

日を改めてBlogでご説明させていただきたいと

思います。m(_ _”m)ゴメンナサイ。

 

 

 

グラスウールが張り終わると

気密シートを張っていきます。

 

 

WURTH(ウルト)と言うドイツ製の

気密シートを使いました。

特徴としては

 

・余分な湿気を外に逃がす

・室内の気密性が高い

・壁内の断熱材の結露を防止

・断熱効果を維持する

 

 

壁の中に湿気がこもらないように

作られた気密シートです。

 

壁の中は家が完成してしますと

見えなくなりますが

しっかりと壁の中も湿気対策をしておかないと

カビが生え

毎日そこで生活を送る私たちの健康にも

影響を与えてきますし

湿気で木が腐ってしまうと

大切な住まいで安心して

暮らし続ける事が難しくなります。

 

ジトッ・・・とした所はシロアリも好みます。

今の時期なんか特にです(;_:)

 

こうした心配を少しでもなくし

健康で安全、安心に暮らして頂きたいと

常に考えております。

 

 

完成してしまったら

解体やリフォームするまで見る事のない・・・

むしろ見る事の出来ない壁内部なので

完成しても見える、触れる物に

予算をかけたい。と言う気持ちも分かりますが

子供や孫の代まで、永く安心して暮らせる

住まいづくりも少し考えてみては

いかがでしょうか?

 

 

 

 

久しぶりの更新でしたが

最後まで読んでくださり

ありがとうございました(*´ω`*)

 

 

Instagramも更新しています(´艸`*)

お仕事の休憩中や家事がひと段落した時

少し時間が出来た時など

覗いていただけると嬉しいです(*´ω`*)

 

 

 

昨日のちょっとテンションの上がった出来事。

大工さんと休憩中に用意して頂いていた

アポロを食べたら・・・

 

 

 

 

星アポロが入っていました~ヾ(≧▽≦)ノイエーイ

 

 

 

高断熱・高耐震・高性能住宅・高気密住宅

この時期の湿気のお悩み、ご相談は

エム・アール・ホームへお任せ下さい。

 

☏ 0859-21-7510