日吉津現場~防水塗料~

こんにちわ(*´▽`*)

 

梅雨入りした中国地方です。

貴重な天気の日(*´ω`*)

社長と航平君と大工さん

日吉津の現場の外作業をしています。

 

 

先日から外断熱を張っている所なんですが

今回使用する外断熱材です・・・

 

 

 

厚っ!!!(;”∀”)

 

 

厚さで言うと

130㎜です。

 

通常使用している断熱材は

40㎜です。

3倍以上の厚さです!!

 

 

この厚い断熱材を使用してので

通常でしたら面材の後は

防水シートを張る作業に入るのですが

今回はシートではなく

防水塗料を塗っていきました。

 

 

先ずは防水と塗料を塗る前の下準備をします。

 

 

 

面材のMoissの字が見えなくなるくらい

しっかり塗り下準備をします。

 

※家の左側が塗り終わった面です。

 

 

これを家の外壁全てに塗ります(;´▽`A“

 

そしていよいよ

防水塗料を塗っていきます!

 

 

前回の記事で

「黄色い外壁(@ ̄□ ̄@;)!!?」

載せさせていただきましたが

正解は【防水塗料】でした(*^-^*)

 

 

これも全面、社長と航平君の手作業なんですが

ただ塗っているんではなく

ジョイント部分

(面材と面材のつなぎ目部分ですね)は

しっかりシート?

パッと見、めちゃくちゃ幅の広い

包帯のようなもので

ジョイント箇所に防水塗料で塗りつけていきます。

 

①ジョイント箇所に防水塗料を塗ります。

 

②塗った上からシート

幅広の包帯のような防水シートを張ります。

※この写真だとトイレットペーパーみたいですね・・・・笑

③張ったシートの上から防水塗料をまた塗ります。

④これでジョイント箇所は完成です。

 

その上から航平君が

全面に防水塗料を塗っていきます。

 

 

 

 

外壁の色

黄色ではなかったですね((´∀`))ケラケラ

 

 

簡単に書いていますが、作業している

社長と航平君は

手や服が黄色になりながら

作業を進めているので

本当に大変だと思います(;´・ω・)オツカレサマ

 

ちなみにですが

厚さもしっかり測ります!!

 

 

見にくいですが

壁に付けたところが

しっかりと、どこの箇所にも付いていれば

十分塗れている証拠です。

 

 

 

ちなみにですが

この黄色い塗料、伸縮性があります。

 

防水塗料伸縮動画

 

ちょっとピントが合っていなくて

観ずらかったかと思います・・・

ごめんなさい。

 

伸縮性がある事によって

地震で揺れた際、ひび割れしにくい

と言うメリットがあります。

 

その為厚さもしっかり確認しながら

作業が進められました。

 

 

防水塗料が外壁前面に塗れたら

いよいよ

例のぶ厚い断熱材を張っていきます!!!

 

 

この140㎜の厚い断熱材を

「直接見てみたい」

言って下さる方がおられましたら

是非、エム・アール・ホームへご連絡ください。

 

現場にて直接ご覧いただき

どれだけ

夏は涼しく、冬は暖かく

過ごしていただけるのか

ご説明させていただきます(*´ω`*)

 

☏ 0859-21-7510

 

 

断熱・耐震・制震・湿気

お住まいのご相談は

エム・アール・ホームにお任せ下さい。

 

 

今日も最後まで、読んでくださり

ありがとうございました(*´ω`*)