日吉津の現場にて 振り返り

以前の記事はこちらから!

ここ数日は10月では珍しい暑く太陽が堂々と出ている日々が多いですね

異常気象なのかな……

今日は前回の記事で触れていた基礎の施工についてお話ししようと思います

今回の基礎の現場は以前からお話しさせてもらっている日吉津村の新築現場です(‘ω’)ノ

DSC_0136

DSC_0137

コンクリートの型を組み鉄筋を検査して、異常がないことを確認してもらいました(*^^)v

 

そしてコンクリート打ちが開始されます

基礎を作るときに必要なコンクリートが大量に必要です

そして、大量のコンクリートを送るための機会を用意しました

DSC_0142

おっきい!カッコいい(*’▽’)

とらっくの背中にある部分がポンプになっていて

コンクリートを送り出してくれます

 

DSC_0138

コンクリートをぎっしり入れるために隅から隅まで入れれるように

クレーンのように伸びて長いホースできっちり入れていきます

DSC_0150

基礎と地面に接するぶぶんをせっせと入れて

DSC_0155

なかまでいきわたるように振動する機械で調整してきます

DSC_0153

入れていき、基礎をならしていきます

 

DSC_0165

コンクリートを積んだ車が4台きて

たっぷりとコンクリートを入れてとてもいい基礎が今回もできました!

この日も晴天で作業がやりやすかったです(*’▽’)

 

 

コンクリートは化学反応で熱を出しながら固まっていきます

その時に水や水分は固まる速度を調節します

そのためコンクリートの固さを決める大事な部分となります

水分がなさすぎると劣化が早くなり 水分がありすぎると強度が出にくくなります( 一一)ムズカシイ

 

今回の現場では入れてから一日中日差しがに当たり気温も高かったので

水をまいて水分調整をしました!

IMG_4674

コンクリートの強度を出すためには二つの種類があります

空中養生と水中養生のにしゅるいがあり私たちは水中養生をしています

ネットにも比較した結果や動画などありますので見てみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、現場やお問い合わせのメールでも

お答えできますのでお気軽にご相談ください(*’▽’)

 

ここまで読んで下さりありがとうございました!