樹脂窓設置・皆生の新築にて

今日は皆生の現場の状況をお話ししようと思います

DSC_1600

DSC_1667

大工さんたちがたくさん入り、とても速く外の面材を貼り終えることが出来ました

 

その後、樹脂サッシがこの中に入っていきました

DSC_1687

見えにくい小さな窓や裏側にもしっかりと樹脂サッシが入ります

小さい窓でも複層ガラスになっているので仕様はとても良いです(^◇^)

DSC_1685

樹脂サッシはアルミの窓に対して熱の通りやすさが1/1000です

玄関ドアや窓は屋根や壁を上回るたくさんの熱が出入りしています

そのため、快適な住まいづくりには

開口部の断熱化が不可欠なので樹脂窓を使っています

 

また窓の枠だけではなく私たちが使う樹脂窓はガラスや窓の中身にもこだわりがあります

 

ガラスは特殊コーティングしたダブルまたはトリプルを使用しています。

夏は強すぎる太陽の日差しを室内に入れず、

冬は室内の熱を外へ放射するのを防ぎます。

 

また、複層になっている窓の中身には空気より熱伝導率の低いガスが封入されており断熱性能をさらに高めています。

 

今回の新築もトリプルスマージュを使われています

快適にすごせますね(*’▽’)

DSC_1690

さて今度は屋根に瓦が敷かれてまた外観が変わります

DSC_1694

とても楽しみですね!!(`・ω・´)

 

ここまで読んで下さりありがとうございました

                                  担当 香田

 

補足 私たちが使う樹脂窓は

目につかない場所でもしっかりと断熱性能をサポートし

内部のスペーサー(ガラスの中にある部材)も

断熱性能の高い樹脂製(通常アルミ)のスペーサーを使用しています

そのため、一般に出ている樹脂窓に比べて熱損失が少ないです。