鳥取県 西部.米子市を中心に高断熱 高気密 高耐震(制震)の低燃費な住宅をご提供する工務店です。
2018年7月27日

両三柳の現場にて

以前の記事はこちらから

 

こんにちは

暑い中そろそろ雨が降るのかと思っていたら台風が来るとのことでびっくりしています

今回の台風は直角に曲がっていて鳥取県にも影響があるようで気になります

 

さて、今回は両三柳の新築の状況にてお話ししようと思います

断熱工事の後は特殊なシートを張ります

 

このシートは一年季節をを通して気密性はしっかりと確保しながら、

壁の中の湿度条件に応じて、透湿性が変化する特殊な気密シートです。

DSC_0047

今の時期、夏場の温度が高くなり湿度が高くなった環境では湿気を通すようにして

見えないところの結露で気が腐ることや湿度が逃げないことによるカビに対して

湿度を通すことにより結露とカビ発生に抑制効果があり木造の寿命を長くします

 

そして壁だけではなく床もできてきました

ここの新築も床は無垢材を使用します

DSC_0045

 

また傷がつかないようにしっかりと養生をして仕上げのときに塗装をします

 

時間をかけて状態が良い状態で施工ができたのでとても木目がきれいでした(*’▽’)

無垢の木は触ると複合フローリングやウレタン塗装と違い温かみがありますね

DSC_0049

 

また更新しようと思います

ここまで読んでくださりありがとうございました

                                            担当 香田